能楽囃子大倉流大鼓方(ばやしおおくらりゅうおおつづみがた)16世宗家で重要無形文化財総合認定保持者の大倉正之助氏(65)が22日、みやき町を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加