「町の発展に役立ちたい」とあいさつする大倉正之助氏=みやき町庁舎

 能楽囃子大倉流大鼓方(ばやしおおくらりゅうおおつづみがた)16世宗家で重要無形文化財総合認定保持者の大倉正之助氏(65)が22日、みやき町を訪れた。みやきスポーツコミッションの取り組みをサポートする「ポーター会員」となった縁で訪れ、文化の面から活動を支援する。

 みやきスポーツコミッションは同町の女子サッカークラブ「みやきなでしこクラブ」を運営しており、チーム支援や地域貢献を行う「ポーター会員」を募っている。大倉氏は、コミッションの関係者と知り合いで、趣旨に賛同して会員に登録。これを機に同町の末安伸之町長や町文化連盟会員らと交流を深めた。

 みやき町庁舎を訪れた大倉氏は「みやき町はスポーツや文化を柱にした町づくりを進めている。少しでも町の発展に役立てれば」とあいさつ。出会いを祝して謡曲「高砂」の一節である「四海波」を披露した。末安町長は「町の伝統文化の発展に力を貸していただければ。子どもたちに礼儀作法などもご指導いただきたい」と期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加