佐賀市エコプラザで上映しているアニメ「もったいないばあさん」を見る児童=佐賀市高木瀬町

 短編(たんぺん)アニメ「もったいないばあさん」の公開が佐賀市高木瀬町の環境(かんきょう)学習施設(しせつ)「佐賀市エコプラザ」で始まりました。同施設では「子どもたちに、環境の大切さを知ってもらうきっかけになれば」と期待しています。
 「世界環境デー」(6月5日)に合わせ、アニメがオンラインで無料配信(むりょうはいしん)されたことを受け取り組みました。公開しているのは、人気絵本シリーズ「もったいないばあさん」のアニメ4作品各(かく)5分。作品では、主人公のおばあさんがごみを捨(す)てないことや水の大切さなどを分かりやすく伝(つた)えています。
 施設入口にある大型(おおがた)モニターで各作品を見ることができます。19日には、施設見学に訪(おとず)れた三里小(小城市)の4年生が熱心(ねっしん)に視聴(しちょう)しました。鷲頭迅(わしずじん)君は、「コップ一つを洗(あら)うときでも水を流しっぱなしにしないように気をつけたい」と話しました。
 市循環型(じゅんかんがた)社会推進課(すいしんか)の羽立博文(はたてひろふみ)さんは「施設には、夏休みの自由研究で訪れる子どもも多い。環境を学ぶ多彩(たさい)な学習素材(そざい)があるので、アニメをきっかけ遊びに来てほしい」と述(の)べました。(21日付19面)

このエントリーをはてなブックマークに追加