「ViSS」の看板が目印です

「ViSS」は15周年を迎えました。佐賀市諸富町の飛鳥工房の協力を受け、木製ディフューザー(4200円、税別)を販売しています。クルミやカバの木などを使っています

 天然100%の精油にこだわったアロマテラピーを通して、血行促進や免疫力アップを目指す「ViSS」(中尾朱実代表)が、佐賀市嘉瀬町に移転しました。ストレスケアに深いかかわりがあるとされる「香り」。アロマオイル(精油)の購入ができるほか、アロマについて正しく学べる講座にも力を入れています。

 数十種類の精油をそろえます。困っていることや悩みはそれぞれ違うため、「その方の状態を聞きながらオリジナルブレンドを作ります」と中尾代表は話します。新型コロナウイルスの収束が見えない中、普段とは違う不安やストレスを抱え、来店する人も増えているそうです。

 移転前から続けている講座は二つです。基礎を学ぶ「初級コース」、家庭や地域で実践できるケアを学ぶ「教育コース」ともに、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでも受講できるように変更しました。

 介護施設や学校などに外部のアロマセラピストがケアのために訪問するのが難しくなっています。「会社や家庭で、アロマの知識を持った人がたくさんいれば、身近な人をケアできます。暮らしに活用できる人が増えたらいいなと思っています」(中尾代表)。来客が重なって店舗が密にならないようにしており、精油などの購入は「電話をしてから来てください」と呼び掛けています。

DATA

[住]佐賀市嘉瀬町扇町2343-4

[電]0952(27)2733

[営]11~16時

[休]火曜、水曜、第1・第3日曜

※駐車場あり。「予防医療アロマテラピー ViSS」で検索

このエントリーをはてなブックマークに追加