佐賀県内の中学の男子生徒(15)が女子生徒の裸の画像を友人に送信していたことが分かり、県警は25日までに、男子生徒を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで佐賀地検に書類送検した。画像は無料通信アプリLINE(ライン)などで拡散されており、拡散した生徒ら30人は補導した。画像は約90人が所持していた。

 関係者の話を総合すると、男子生徒は昨年7月、同じ中学の男子生徒に女子生徒の裸の画像を送信した疑い。

 画像は2018年、男子生徒がスマートフォンで撮影したとみられ、顔は写っていなかった。画像を受け取った生徒が、ラインのグループなどに拡散し、さらに広がった。生徒らが持っていた画像は県警と学校で削除したという。

 今年1月、女子生徒の保護者が県警に相談し、捜査を進めていた。6月22日に男子生徒を書類送検した。

このエントリーをはてなブックマークに追加