佐賀北署は25日、詐欺と窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀し3月26日、家電量販店店員や警察官になりすまして、佐賀市内の80代女性に「家電量販店でカードが不正に使用されている。通帳とキャッシュカードを預かる必要がある」などと電話でうそを言い、女性宅を訪れて通帳2通とキャッシュカード3枚をだまし取った。同市内のスーパーのATM(現金自動預払機)から計6回にわたって計284万円を引き出した疑い。

 北署などによると、男は4月2日と5月13日、山口県警下関署で詐欺と窃盗の疑いで逮捕=いずれも同罪で起訴済み=されていた。男は「犯行のためにホテルを転々としていた」と供述しているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加