防災訓練で正面玄関に浸水を防ぐアルミゲートを設置する職員=大町町の佐賀鉄工所大町工場

佐賀鉄工所大町工場の防災訓練で、浸水を防ぐアルミパネル(奥)と六田川に設置された水位センサー(手前中央)の説明を受ける佐賀県や杵島郡大町町の関係者=大町町

訓練で油槽のある建物のシャッターに止水シートを取り付け、土のうを置く社員=杵島郡大町町の佐賀鉄工所大町工場

 昨年8月の豪雨で油が流出した杵島郡大町町の佐賀鉄工所大町工場で24日、大雨を想定した防災訓練があった。鉄工所で新たに作成した水害対応マニュアルに沿い、シャッターに止水シートを取り付けたり、新設した外壁の通行口にアルミゲートを設置したりして大雨時の対応を確認した。

 佐賀鉄工所や大町町によると、昨夏の豪雨では工場から油約5万4千リットルが流出した。約100ヘクタールに広がり、住宅約200戸、農地41・3ヘクタールに被害が出た。これを受けて鉄工所は、(1)工場を高さ約2メートルの防水壁で囲む(2)工場西の河川に水位センサーを設置し、増水を自動メールで把握(3)油槽を高さ80センチの鉄板で囲む-などの対策を取り、水害対応マニュアルを作成した。

 訓練は大雨が発生し、工場西側の六田川の水位が上昇を続けている想定で実施した。従業員約200人と佐賀県や大町町、警察や消防などの関係機関の約50人が参加、見学した。報道機関には一部を公開した。

 川の水位が上がると幹部職員にメールが届く想定で、水位1・35メートルから2・8メートルまで4段階の警戒レベルでの対応を実践した。油槽のある建物のシャッターに止水シートを取り付けて土のうを置き、防水壁の開いている部分にアルミゲートを設置して水の流入を防いだ。町など関係機関には段階ごとに連絡を取った。

 訓練を終えた江口隆信工場長は「従業員が多い昼間の対応はできたと思う。今後、休日や夜間の訓練も重ねて再発防止につなげていく」と総括した。水川一哉大町町長は「油の流出を防ぐ対応はしっかりできていると感じた。さらに訓練を重ねてほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加