冬の季語に「冴(さ)ゆる」があります。この言葉は、凛とした寒さが際立つ感じや、寒さが一層深まる感じを表します。 6日、吉野ケ里から見る脊振の山は雪景色、西の天山も真っ白。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加