鹿島市の定例議会は24日、追加提案された1億502万2千円の一般会計補正予算案、新型コロナウイルス感染症に関する意見書を可決し、閉会した。意見書は国に対し、経済対策の充実、医療機関や介護事業所への経営支援などを求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加