武雄中学校(668人、熊野辰未校長)は本年度から定期テストを取りやめた。単元ごとのテストを取り入れ、「一夜漬け」ではない日々の学びを重視。テストに伴う部活動の休止もなくした。先生の働き方改革の一環でもあり、家庭訪問見直しなどの取り組みも進めている。