東松浦郡玄海町は25日から、役場の窓口で65歳以上の高齢者を対象にした運転免許証自主返納の代行業務を開始する。県内市町の窓口開設は三養基郡基山町に次いで2例目。返納者には7月から使用できる「交通サポート券」を交付する。

 返納受け付けは、水曜日を除く平日の午前8時半~正午。町職員が代行して唐津署で手続きをする。

 交通サポート券は、昭和バスや唐津市と玄海町に事業所があるタクシーで利用でき、一人年3万円分を5年間交付する。225万円を予算化しており、これまでに自主返納した人も対象になる。

 本年度から手続きを代行する基山町は、6月23日までに30人が利用した。県警運転免許課によると、県内の今年の自主返納者は、5月末時点で1617人(前年同期比166人増)、65歳以上は1571人となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加