日本は、19世紀半ばから20世紀の初頭にかけ、製鉄・製鋼、造船、石炭産業といった重工業分野を基盤とし、極めて短期間に急速な産業化を成し遂げました。