ここは、佐賀空港の管制塔。晴れた日には、正面に雲仙が見え、どこまでも広がる佐賀の青空を360度見渡すことができる。この部屋で飛び交う言語は、“航空英語”と言われる航空関係の業務の共通語。