「物流ネットワークはライフラインの一つ」と語る佐賀県トラック協会の馬渡雅敏会長=唐津市の松浦通運

 新型コロナウイルス感染拡大の当初は食べ物など生活に必要な物流量が一時的に増えました。ただ、働き方改革や昨年から続く人手不足の状況があり、運ぶ量が一気に増えても運転手やトラックを急にそろえるのは難しく、シフトが追い付けず大変でした。

 一方で、自動車産業の工場休止で材料・部品を届ける会社が途絶えるところもあり、運んでいる物によって増えた事業者と、ぱたっとなくなった事業者とあり、業界はまだら模様です。

 全体的にはしばらくマイナスが続くでしょう。荷物の届け先が倒産・廃業し、飲食店やホテルも客が落ち込み、インバウンドの需要を含めて運んでいた分が確実に減っています。コロナ以前に戻るとは思えません。国際間の人の動きが制約されるので、物の動きも鈍くなります。インターネット通販のアマゾンなどが頑張っても、消費者のマインドが上がらないと全体量が落ち込むと危惧しています。どこまでいったら反転するか見えません。

 物流ネットワークはライフラインの一つであり、社会を支える重要産業として責務を果たします。誰かが物を運ばなくてはならず、コロナ禍でも休めません。われわれの仕事は当たり前すぎて、あまり日が当たらない。それでも仕事が続いているだけ幸せと思わないといけないと言っています。今回のような感染症や災害があっても、顧客の事業を止めることがないよう、縁の下の力持ちとしてしっかり支えていきます。

 次回は30日付で佐賀県信用金庫協会の杉町謙吾会長(佐賀信用金庫理事長)です。

このエントリーをはてなブックマークに追加