■きょうの催し

 亀翁窯「あかり展」(28日まで、佐賀市のギャラリー喫茶・欒(まどい)

 

■巡回車(24日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

■告知板

 ◆佐賀けんせいれん「家族による家族学習会」

 (7月26日~全5回、小城市小城町のゆめぷらっと小城2階会議室)統合失調症などの精神疾患のある人を家族に持つ人を対象とした全5回の連続講座。テキストの読み合わせと話し合いなどを通し、統合失調症や、家族自身が元気を保つための秘けつなどを学ぶ。統合失調症患者を家族に持つ「佐賀けんせいれん」の会員5人が担当する。

 日程は7月26日、8月9日、9月13日、10月11日、同25日。いずれも13時半~16時半。募集人員は10人程度で、5回とも参加できる人が対象。

 申し込みや問い合わせは佐賀県精神保健福祉連合会の松田さん、電話090(8357)7963。7月15日締め切り。

 

■展覧会

 ◆有田 陶房七〇八 豊増一雄展

 (28日まで、唐津市北波多のうつわギャラリー唐津・草伝社)陶房七〇八の豊増一雄さんが煎茶や中国茶の道具をはじめ、つぼや花入れの一点物、日常食器など瓷器約300点を展示する。11~17時。電話0955(64)3540。

 

■近県

 ◆被爆の講話再開

 長崎市の公益財団法人「長崎平和推進協会」が、被爆者の体験を語り継ぐ「家族・交流証言者」の定期講話を再開した。新型コロナウイルスの影響で4月から中止していた。

 毎月第2木曜の午後と第4日曜の午前に長崎原爆資料館で開催し、入場無料。問い合わせは同協会095(844)9922。

このエントリーをはてなブックマークに追加