「先輩のため、1年前の悔しさを晴らしたい」。佐賀女子ナインの思いは一つだった。SSP杯ソフトボール女子決勝、佐賀女子は昨夏の県総体決勝で敗れた鹿島を5-0の完封で破り、王座を奪還した。「負けを知ることでさらに強くなれた」。リベンジを果たした主将の菱谷香実は、ライバルの存在に感謝した。