ウエイトリフティング男子個人96キロ級 ジャーク120キロを成功させる有田工の有冨亮=西松浦郡有田町の有田工高

 ウエイトリフティング男子96キロ級の有冨亮(有田工)は、トータル218キロで自己記録を更新して優勝した。それでも「目標の重さは挙げられなかった」と、悔しさをにじませた。

 スナッチ、ジャークとも最終3本目は、自己新に果敢に挑戦。しかし、フォームを保てず、記録を伸ばせなかった。「特にジャークは1、2本目が軽く感じたので、いけると思ったのに」と振り返り、「もっと記録を伸ばしてからでないとやめられない」。卒業後も競技を続けたい思いが膨らんだ。

 何よりもうれしかったのは、「主将として団体優勝」という一番の夢をかなえられたこと。個人競技ではあるものの、互いのサポートがなければ練習は成り立たない。出場5選手全員が自己新記録をマークし、「皆で支え合った結果」と、主将として胸を張った。

このエントリーをはてなブックマークに追加