インターネットで実施されたフェンシング日本代表選手らによるパネル討論。佐賀県内の高校生選手らが熱心にメモを取った=20日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 高校生の熱戦が続く「SSP杯佐賀県高校スポーツ大会」では、無観客競技の動画配信をはじめ、映像を使った新たな試みが行われている。20日のフェンシング競技では、日本代表選手らを交えたウェブ上でのパネル討論や、高校生たちの試合内容を分析して課題などを伝える取り組みがあった。トップ選手や専門家の目を取り入れ、競技力アップにつなげる。

 パネル討論は競技終了後、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場であった。県外にいる男子エペ団体日本代表選手の宇山賢(28)や、代表専属で情報の分析を担当するアナリストをオンラインで結び、高校生ら15人余りが画面越しにアドバイスを受けた。

 代表選手らは、10年ほど前から映像分析が本格的に取り入れられていることを紹介した。フェイントが相手に効いているかを客観的に確認したり、試合中には気づかなかった点を、当時の精神状態と重ねて振り返ったりすることが可能になると説明した。視野を広げたり、テーマを持った練習につながったりすると述べ、「日本代表にも近づける」と強調した。

 20日は準決勝と決勝の試合を録画した。高校生には後日、試合内容の分析結果が伝えられる。男子で準優勝し、大学でも競技を続ける予定の佐賀商3年の品川聖也は「決勝で敗れて(プレー面の)悩みも出た。自分で撮った動画での自己分析と、日本代表選手の分析結果を比べて参考にしていきたい」と話した。

 今回の試みは、サッカー・J1サガン鳥栖と戦術分析のシステム開発に取り組む「LIGHTz(ライツ)」(乙部信吾社長、本社・茨城県つくば市)の協力で実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加