18世紀、京都で活躍した画家伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800年)の作品を京都の西陣織で再現した展覧会が20日、唐津市西城内の市民会館で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加