自転車マナーアップのモデル校となり、横断幕を持つ唐津商高の生徒たち=唐津市の唐津署

 唐津署は15日、自転車のマナー向上を呼び掛けるモデル校に唐津商高を指定した。

 生徒会長の平山達也さん、副会長の木谷仁さん、川元唯利沙さんらが署を訪れ、福島寛人署長から指定書と横断幕を受け取った。モデル校では生徒たちが中心となって街頭キャンペーンなどに取り組んでおり、平山さんは「乗りながらのスマホや無点灯なども見かける。まずは自分から模範になる行動をしたい」と力を込めた。

 唐津署管内での自転車事故は63件。同署は「高校生だと友人との並走なども多い。自転車も『車』という意識を持って」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加