体操男子個人総合で優勝した鳥栖工の大坪拓途=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 体操男子個人は鳥栖工の主将・大坪拓途が得意種目で力を見せつけた。「自分の演技」に徹し、床と跳馬で地力を発揮、自己新のスコアで総合優勝を手繰り寄せた。

 腰痛を抱えながらも、最初の床を終えた時点で「体は動いている」と実感した。2種目目のあん馬で落下したものの、跳馬で昨年失敗した技に成功し、後半の種目に弾みをつけた。

 「高校最後の大会」として、結果を残すことに集中してきた。「勝因は、失敗しても気持ちをうまく切り替えられたこと。試合中は点数を気にしなかった。気持ちで自分に勝てた」と喜びをかみしめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加