1年生ながら高難度の技で圧倒した。体操女子個人総合で優勝した鳥栖の曽根崎しずくは、全種目で出場者中最高難度の演技に挑戦するなど、思い切りのよさが光った。 最初の跳馬では、公式戦で初挑戦となる技を見事に成功させ、流れをつかんだ。