体操女子個人総合で優勝した鳥栖の曽根崎しずく=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 1年生ながら高難度の技で圧倒した。体操女子個人総合で優勝した鳥栖の曽根崎しずくは、全種目で出場者中最高難度の演技に挑戦するなど、思い切りのよさが光った。

 最初の跳馬では、公式戦で初挑戦となる技を見事に成功させ、流れをつかんだ。段違い平行棒は初めての構成に焦り、「失敗しすぎた」ものの、持ち前の精神的なタフさで切り替え、平均台とゆかは大きなミスなくまとめた。

 中学時代からジュニアのナショナルチームに入り、国際大会の経験もある。高校3年間の目標を「インターハイの団体と個人で優勝。世界と戦えるように頑張りたい」と高く掲げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加