新たに認定された日本遺産

 文化庁は19日、地域の文化財や伝統芸能を物語としてまとめ、観光振興などを図る「日本遺産」に21件を新たに認定した。佐賀、長崎、福岡の関係8市が申請する「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」が選ばれた。2015年度からの累計で104件となり「20年度までに100件程度」とした目標に到達。今回で認定は最後とし当面は追加しない。

 「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」は、丸ぼうろや鶴屋文書、村岡総本舗羊羹資料館(小城市)など52資産で構成する。佐賀、小城、嬉野の3市、福岡県2市(飯塚、北九州)、長崎県3市(長崎、諫早、大村)などでつくる「シュガーロード連絡協議会」(事務局・長崎市)が、16年度分から毎年申請してきた。

 「シュガーロード」と称される長崎街道をたどることで、室町時代末期から江戸時代にかけて、中国や西洋との貿易で流入した砂糖の歴史、発展し続ける独自の菓子文化を学べることを伝える。事務局の長崎市は「3県で力を合わせ、首都圏でのシュガーロードの知名度アップを図りたい」と語り、今後は協議会として施設案内の設置やスイーツコンテストを計画する。

  このほか、兵庫県の「『伊丹諸白(もろはく)』と『灘の生一本(きいっぽん)』」や東京都の「霊気満山(れいきまんざん) 高尾山」などが選ばれた。例年行っている認定証交付式は、新型コロナウイルスの影響で行わない。

このエントリーをはてなブックマークに追加