デビューして3年目を迎えるイチゴの新品種「いちごさん」など県産イチゴが安定的に生産できるように、県は無病のイチゴ苗の育成を行っている。PCR検査でイチゴの病害に感染しないことが証明された健全な苗で、県は農家に対し、生育が思わしくない場合は苗を購入して、病害を防いでほしいと呼び掛けている。