佐賀バルーナーズのアカデミーコーチ兼アカデミーディベロップメントディレクターに就任する水町亮介氏

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)に昇格する佐賀バルーナーズ(佐賀市)は19日、アカデミーコーチ兼アカデミーディベロップメントディレクターに水町亮介氏(38)=佐賀市出身=が就任したと発表した。U-15(15歳以下)のジュニアユースチームの立ち上げなどに携わる。

 水町氏は鍋島小、鍋島中、佐賀西高卒。学習院大を卒業後、新潟アルビレックスA2(下部組織)に入団。大分ヒートデビルズなどを経て、2010年から秋田ノーザンハピネッツでプレーし、主将を務めた経験もある。17-18シーズンを最後に引退し、秋田で小中学生向けのバスケットボールスクールコーチとして選手育成に取り組んできた。

 水町氏は「プロ生活は13年だが、コーチとしてはまだ3年目。共に成長して佐賀のバスケを強くしていきたい」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加