鹿児島県で10月に開催予定だった第75回国民体育大会と第20回全国障害者スポーツ大会について、主催者の日本スポーツ協会や日本障がい者スポーツ協会、県などは19日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、両大会の年内開催を断念したと発表した。来年以降に延期する。1946年の第1回大会以来、国体の本大会の延期は初めて。

 鹿児島県は1年程度の延期を要望しているが、調整は難航しており結論を持ち越した。来年以降の開催地となる三重など2024年までの開催4県は影響のない対応策を求めており、延期の時期は今後も協議を続ける。全障スポは台風で中止となった昨年に続き、2年続けて実施見送りとなる。

 年内開催断念を巡り、専門家からは1年程度は大規模なスポーツイベントの開催が困難との助言を受けたという。東京都内で記者会見した日本スポ協の伊藤雅俊会長は鹿児島での国体開催時期は未定とした上で、次の国体について「今年と同じタイミングの秋を考えている」と述べた。鹿児島県への予算補助は現時点で考えていないとした。

 オンラインで会見に臨んだ鹿児島県の三反園訓知事は「できる限り早く開催できるように、連携しながら努力したい。今後の開催県には、ご迷惑をお掛けする。心からご協力をお願いするよう申し上げたい」と話した。

 発表を受け、23年に初の国民スポーツ大会開催を予定している佐賀県の山口祥義知事は「今年の秋に向け、長年準備を進めてきた盟友である鹿児島県民の無念な気持ちを思うと胸が痛む。延期の検討については、後催県のほか、関係者が合意できる案をみんなで考えていきたい」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加