「強力FW」。花園に38年連続で出場している佐賀工ラグビー部の代名詞だ。ただ、今年はやや様相が異なる。「ひと味違うチームに成長できた」。主将を務めるロックの内川朝陽(18)は手応えを語る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加