三養基郡基山町議会(品川義則議長)は19日、新型コロナウイルス感染症対策に関する政策提言書を、同町の松田一也町長に提出した。町議会と町が協力しながら対策を進めようという趣旨で、松田町長は「いただいた意見を基に、少しでも町民のプラスになるよう頑張りたい」と述べた。

 町議会は6月定例議会で「新型コロナウイルス感染症対策に関する決議」を可決していた。議員が持ち寄った政策約50項目を精査し、13項目を提言した。

 提言書では、2020年4月28日~21年4月1日に生まれた子どもに対し、定額給付金を支給することを提案した。このほか、生活保護世帯や町民税非課税世帯などへの給付金か買い物商品券の配布、避難所や防災倉庫の拡充といったコロナ対策を盛り込んだ避難計画の策定などを盛り込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加