地元住民の手で大切に祭られている地蔵堂=鳥栖市柚比町

 鳥栖市の国道34号「田代公園入口交差点」から弥生が丘方面へ進むと、右手に田代太田古墳、左手に庚申塚古墳といった古墳群があります。これらの古墳を過ぎると長崎自動車道をまたぎ、弥生が丘へと道は下っていきますが、高速道路をまたぐ橋の手前に小さなお堂があります。堂内にはお地蔵様が祭られていますが、その台座はかつて行き交う人々の道標(みちしるべ)として追分石(おいわけいし)の役割を持っていました。

 台座の正面には、仏教用語で三つの世界の全ての精霊の供養を願う「三界萬霊」の文字が刻まれており、その下に「右 園部道 小松道」「左 水車道 河内道」と記されています。

 古老の方によると、元々お地蔵様は橋を挟んだ対角線上の場所にありましたが、道路工事のため現在地に移されたそうです。建立の詳しい年代などは分かりませんが、ここは長崎街道の宿場町であった田代から来ると、園部(現基山町園部地区)と河内(現鳥栖市河内町)の分岐点に当たるため、行き交う人々が迷わぬようにと台座に道案内が刻まれたようです。

 時代は移り変わり、道も新しくなりましたが、お地蔵様は今日も行き交う人々を見守ってくれています。(地域レポーター・田中健一=鳥栖市儀徳町)

このエントリーをはてなブックマークに追加