淡野純奈さん

 鳥栖西中2年の淡野純奈さんは、小学5年生の時、キッズミュージカルTOSUのオーディションを受け入団しました。公演を見たことがなかったけど、チラシを見て「やってみたい」と応募しました。入ってみて「とても楽しいし、先輩方も優しいので、練習を楽しんでいます」と笑顔で話してくれました。

 今年は新型コロナウイルス感染症のため、3月公演が8月に延期され、また毎年4月にスタートしていた練習も、学校休校や会場が使用できないなどで始められず、心を痛めていました。6月から練習がスタートし、ソーシャルディスタンスを取りながら、みんなと一緒の練習を楽しんでいます。今回の役は「看護婦マリア」。自分の役をしっかり頑張っています。

 将来は声優になりたいので、演技力を身につけたいそうです。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加