20日にリニューアルオープンするJCCポップアップギャラリー=唐津市刀町

 唐津を拠点に化粧品産業の集積を目指すジャパン・コスメティックセンター(JCC)は20日、唐津市刀町の「びんつけやビル」1階に関連商品などを並べたギャラリーをリニューアルオープンする。唐津や佐賀県産の自然素材などを原料にしたコスメ商品約900点を展示販売する。

 JCCの活動を紹介する「ポップアップギャラリー」は昨年11月から今年3月まで、大手口センタービルに開設し、期間中約千人が来場。再開を望む声も多かったことから、場所を商店街に移し、リニューアルオープンとなった。

 加唐島のツバキを使ったシャンプーや川島豆腐店(京町)の豆乳による美肌石けんなどをそろえるほか、洗顔、スキンケア、下地が1分で済む県産青ミカンを使った顔パックはギャラリー限定で販売。九州の地産コスメも扱う。

 スタッフの安部里砂さんは「コスメ商品の原料が唐津に多くあることを知ってもらい、実際に使っていただけたら」と話す。28日までキャンペーンを行い、嬉野茶の実を使ったスキンケアオイルを半額で提供するほか、割引商品もある。営業は午前10時から午後6時まで(火曜定休)。電話0955(79)6015。

このエントリーをはてなブックマークに追加