200年前に唐津を測量した伊能忠敬(1745~1818)の足跡をたどる歴史探訪ウオークが21日、東唐津から西唐津までの7キロのコースで開かれた。約40人が参加、江戸期の地名が残る町並みを体感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加