6月初旬の火災で拝殿・神殿が全焼した鳥栖市姫方町の姫古曽(ひめこそ)神社で、七夕祭りが開かれた。願い事を書いた短冊でササを飾り、地元住民約100人が夢の実現や家族の健康を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加