太良町が大浦地区に造る「亀ノ浦定住促進住宅」の起工式が17日、現地で開かれた。町産木材を活用した4棟の集合住宅で、1棟に3戸が入居できる。工期は12月末まで、来年4月から入居できる。 町は人口減少対策でJR多良駅の近くに建てた集合住宅「パレットたら」に続く第2弾に位置付けている。