34年前の新聞記事の切り抜きは、今も大切に保管してある。三養基郡基山町の鳥居利江さん(84)が「祖国」の土を踏んだのは1980(昭和55)年。空港に迎えに来てくれた弟の顔は一目で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加