九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式を巡り、佐賀市の秀島敏行市長は17日、市議会一般質問で「佐賀県との幅広い協議の前提となる、さまざまな条件や数字を国交省は責任を持って示して」と述べ、国に対し慎重に議論を進めるよう求めた。 平原嘉徳市議の質問に答えた。