九州新幹線長崎ルートで、複数の整備方式に対応する環境影響評価(アセスメント)を行う案を国土交通省が佐賀県に提示し、県が同意できないと回答したことについてJR九州は17日、「国交省と佐賀県が調整している段階で、意見を申し上げる立場にない」と述べた。一方で「新鳥栖―武雄温泉の未着工区間の整備方式が早期に決まってほしいというスタンスに変わりはない」とした。

 長崎県新幹線対策課も「現時点は国交省と佐賀県の協議の動向を見守る段階」と述べるにとどめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加