目録を小松政市長(右)に手渡す武雄ロータリークラブの原隆司会長=武雄市役所

 武雄ロータリークラブ(原隆司会長)は16日、新型コロナウイルス対応に役立ててもらうため、武雄市に100万円を寄付した。

 感染拡大防止のために休止した11回分の例会経費やさまざまな行事を中止した費用に予備費を加え、新型コロナ対策費に充ててもらうことにした。

 原会長と谷口優幹事が市役所を訪れ、「コロナは少し落ち着いてきたが、会員から『何かしたい』と声が上がった」と小松政市長に目録を手渡した。小松市長は「子どもたちの感染防止の対策費に使いたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加