【必要なし】相知中野球部

 部員26人の相知中野球部は堅い守備が持ち味。地区大会に向けて士気も高まり、主将で投手の宮添竣さんは「まずは一勝。全員で声を出して臨みたい」と力を込める。

 ここ2年間の地区大会は初戦でサヨナラ負けが続き、涙をのんできた。打撃で支える1番打者の木下利央さんは「初回から塁に出たい」と意気込む。

 3年生には地元小学生チーム「相知レインボー」で県大会優勝を経験したメンバーも。宮添さんもその一人で、「『中体連(県中学総体)で優勝する』と当時のメンバー6人で決意して軟式を続けてきた」と振り返る。新型コロナの影響で県総体は中止になったが、宮添さんは「残念だけど気持ちは地区大会に向かっている。優勝を目指す」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加