小保方晴子氏(31)が実施した検証実験においても、STAP細胞は作製できなかったと理化学研究所が発表した。「世紀の発見」は幻に終わり、日本の科学史に汚点を残した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加