1点を争う投手戦は、多良少年が馬場-坂口の継投策で長松ホークスを退けた。 多良少年は二回、5番小溝が中前打で出塁すると、足を絡めた攻撃で相手守備陣を揺さぶり、敵失を誘って先制点を奪取。四回にも相手の守備の乱れをついて追加点を挙げた。