佐賀県三養基郡みやき町議会(定数16)は定例議会最終日の16日、公立・公的病院の「再編・統合」の白紙撤回と地域医療の拡充を求める意見書を、賛成多数で可決した。首相や衆参両院議長らに提出する。

 同町内には再編・統合の対象になっている東佐賀病院がある。意見書では、再編を要請する厚生労働省の姿勢について、地域や病院の実情を一切勘案することなく、県知事の権限に対する越権行為と指摘。厚労省の要請に基づいて再編を進めれば、地域住民が安全で質の高い医療を受けられなくなると懸念している。

 その上で、東佐賀病院は県東部地区の中核医療施設であり、九州最大規模の重症心身障害児(者)医療も担っているとし、「地域住民にとって必要な医療機関」と訴えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加