佐賀県警杵島郡大町町に事業所や店舗を開設してもらおうと、町は開設時の建築費や改装費、賃貸料の一部を補助する制度を新設した。新型コロナウイルスの影響で資金不足になっている事業者の支援も視野に、町のにぎわいや産業振興につなげる。

 「新規創業者等スタートアップ支援事業」として255万円を予算化した。補助対象は、起業や事務所移転、営業所開設などで町内に店舗や事務所を設ける人や事業者。3年以上営業を継続し、商工会に入会することを条件にしている。

 補助内容は、建築費や改装費、設備費の合計の2分の1を50万円を上限に補助する。町民の場合は上限に20万円を加算する。賃貸料は2分の1を6カ月間補助し、月額2万5千円を上限にしている。

 町企画政策課は「町に事業所が増えることで産業振興や活性化につなげたい。コロナ禍で起業や事業拡充が難しくなった人も大町に目を向けてほしい」と制度活用を呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加