オスプレイ配備計画について見解を述べた秀島敏行佐賀市長=市議場

 佐賀空港への配備が計画されている陸上自衛隊輸送機オスプレイについて、佐賀市の秀島敏行市長は16日の市議会一般質問で「水害が目立つ佐賀の特徴を考えると、ヘリコプターの方が頼りになる」と述べ、災害時に有効とする防衛省の説明に疑問を呈した。

 白倉和子市議と堤正之市議の質問に答えた。

 秀島市長は「オスプレイは戦場に兵士をいち早く運ぶために開発された。災害に求められるのは大量の物資と人を運べるヘリ」と指摘した。

 県と県有明海漁協が結んでいる公害防止協定に関しては「自衛隊と空港を共用する考えを持っていない約束事は重い」と改めて主張、「市、農協と結んだ協定もあり、2段階の整理が必要」と慎重な議論を求めた。

 駐屯地が開設される場合、周辺の環境整備の窓口が自治体になるのではと問われた市長は「首長の同意が絶対条件ではないが、開発行為には届け出を行い、手続きをきちんと踏まえる必要がある」と答弁した。

このエントリーをはてなブックマークに追加