選挙に関する講話を聞く唐津西高の生徒=唐津市の同校

 私は今回の主権者教育で選挙についての話を聞くまでは選挙にあまり関心がなく、自分が選挙権を持っていても投票には行かないだろうと思っていました。でも関心がないのは、選挙や唐津について自分がよく知らないからだと分かりました。だから立候補者の演説を聞いても、いまいちピンとこなかったのだと思いました。

 ですが、今回の話を聞いて、選挙や唐津のことについていろいろ知ることができました。特に、選挙日の次の日が誕生日の人も選挙権が適用されるということを知ってとても驚きました。唐津市の人口12万人のうち、選挙権を持っている人が10万人以上いることも知りませんでした。改めて自分は唐津のことをあまり分かってないのだと思いました。

 今回、佐賀新聞社の方の話を聞いて、選挙や唐津に関心を持つようになりました。自分が選挙権を持つようになった時に、これからの唐津がどうなってほしいかを考えられるように、もっと唐津のことを知ろうと思いました。

(唐津西高1年、清水美月)

このエントリーをはてなブックマークに追加