佐賀県精神保健福祉センターは15日、新型コロナウイルスの影響による不安や悩みなどに対応する専用の電話相談窓口を開設した。「悩みを一人で抱え込まないで」と呼び掛けている。

 生活様式の変化や日常生活への制限で、眠れなくなったり、いらいらするようになったりした人が対象になる。相談者は名前を明かす必要はない。専任の相談員が対応する。

 センターは「話すことで気持ちが落ち着くことがある。窓口を活用して、自分らしい生活を取り戻してもらえたら」と話す。平日の午前8時半から午後5時15分まで。本年度末まで運営する。電話0952(73)8522。

このエントリーをはてなブックマークに追加