空手女子の個人形と組手で2冠を達成した、龍谷の村田紅葉の演武=佐賀東高新体育館

空手女子の個人組手決勝で果敢に突きを放つ龍谷の村田紅葉=佐賀東高新体育館

 空手道の女子個人は、龍谷の村田紅葉が、昨年の県新人戦に続いてSSP杯でも形と組手の2冠を達成した。

 形の決勝。村田は流れるような動きや、腰を低く落とした力強い突きなど、見る人を圧倒する演武を披露した。「満足のいく形ができた」。勢いに乗って、その後の組手でも頂点に立った。

 だが、大きな目標にしていた団体組手ではリーグ戦で2戦2敗に終わった。「本当はチームとして勝ちたかった。もっと自分にできたことがあった」と村田。悔し涙を見せる後輩たちに対し、「自分らしく、のびのびやってほしい」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加