明治から昭和50年ごろまでの道具を集めた「くらしのうつりかわり展」が、小城市歴史資料館で開かれている。高齢者には懐かしく、子どもたちは新鮮に感じる道具類42点が並べられ、来場者は興味深く鑑賞している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加