有田町大木宿伝統の夏祭り「十八夜」の浮立けいこが14日夜、地元の公民館で始まった。18日の祭り本番に向け、地区の住民ら約40人が遅くまで笛や太鼓、鉦(かね)の音を響かせ、調子を合わせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加