弓道男子団体は多久Aが接戦を制した。3勝1敗で鹿島Aと並んだが、総的中数で1本上回った。杉田久尚主将は「代替大会という最初で最後の舞台で優勝できてうれしい」と声を弾ませた。 決勝リーグの唐津工Aとの試合。3番手の梶原響也は、3本連続で的中を逃した。