選手以外はみなマスクを着け、息をのんで試合の行方を見守った。1本も決まらないまま、大将戦まで勝負がもつれ込んだ剣道男子は敬徳が制した。大将の髙橋巧と吉村剛監督は試合後、がっちりと握手を交わした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加